hananiwa

心に映ったことを綴っています。
2007年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2007年12月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2007年11月
ARCHIVE ≫ 2007年11月
      
≪ 前月 |  2007年11月  | 翌月 ≫

今年も届きました!

またまたリースの話題・・・


これは、3年ほど前からとても気に入って、毎年仕入れている木箱入りリースです。
トルコあたりからやってくる、カラフルな軟らかい実が付いたもの。
木箱も、荒削りな簡単なものだけど、異国の焼印がなぜか魅力的。


kibako-wreath




発送もできます。¥3600(送料別)


リースレッスン

wreathlesson



土曜日の花とスウィーツレッスンは、アドヴェントサンデーを前にプチリースを作りました。
スポンジを直径10cmのリース状に型抜きし、コストを抑えることも重要ポイント!


全体にさつま杉を小さく小分けしながらまんべんなく挿し、シルバーのコチアをところどころに入れます。
最後は、好きな実にワイヤーをかけて挿すだけのシンプルなものです。
しかし!
挿しても挿してもまだまだ埋まらないこのリース。
最初、もう少し大きいのを作ろうかな・・・といっていた人も
小さいので正解だったかも!なんていいながら。



私はこれから、このリースのもっと大きいのをいくつか作って、
これまた手作りの木箱に入れて販売します。
大忙しに「なればいいな」と「たいへんだな」が交錯する
師走の入り口。



クリスマスが終わったら、お正月モードに切り替えるエネルギーも
蓄えておかなければ。
頑張れ~♪と自分に声をかけて。




Jane Birkin

ジェーン・バーキンのコンサート、行ってきました!
言われているとおり、飾り気のない率直そうな人柄のステージ。
衣装だって普段着みたい。
広めに開いた紺色のカットソーに、カーキ色のカーゴパンツ。
アクセサリーもなく、そのまんま。


わたしが持ってる2枚組CDの中の曲もたくさん歌ってくれました。
ポルトガル語の歌を歌わなきゃと、3~4枚の紙を持って
メガネをかけて、カンペ見ながら歌っちゃう。



自分で書いた歌を歌う前、作ることになったいきさつを語るジェーン。

世界中を回る彼女が、ミャンマーで軟禁されている
アウンサン・スーチー氏の救出を叫ばずにはいられない気持ちを歌にしたもの。
これまでのなぁんにも考えてない感じが一変したのです。


「絶対に彼女を死なせるわけにはいかないの!」と
締めくくった時には、会場からたくさんの拍手が。


日本人カメラマンのムッシュー・ナガイが撃たれたことだって
ちゃんと知っていました。
この歌ができるきっかけのひとつになったとも。



熱く見えない熱い人ってステキです。
還暦を過ぎているとは思えないかわいらしさを持ったまま、
ジェーン・バーキンはずっと変わらずにいるのでしょう。
エルメスのバッグだろうと、その辺のカゴだろうと
同じに使ってしまう彼女だから。



すがすがしい夜をありがとう♪


アーティチョークとチーズ

今日、お料理教室で教えてもらったオードブルのサラダは、アーティチョークのオイル漬けとかぼちゃをあわせたもの。
日本では、ほとんどなじみのないアーティチョークだけど、
オイル付けなら使いやすくて便利♪
生は灰汁も強いし、どこまで剥いていいのやら・・・といった具合ですが。



作るのもとても簡単。ワインにとてもあう一品です。
今日は特別に、トマトと赤たまねぎのマリネを添えて、全部混ぜながら食べました。
これがまたばっちりの相性なんですよ。



BAGUETTEという名のチーズも味見しました。
カラメル色したカマンベールという感じかな。
中はクリーミーで、バゲットに乗せて焼いて食べると
チーズが適度に溶けてさらに美味。

fromage



バゲットにチーズ、時々アーティチョーク。
ああ、エンドレス。



この後、もう少し癖のあるスイスのチーズ、「アッペンツェール」に
切り替えると、さらに止まらない。
ハード系で、熟成の度合いによってかなり味が異なるチーズです。
下戸なのに、おつまみ系の味だけで
飲まずに盛り上がれる私。
気がつけばお腹いっぱい。


作ったブイヤベースとイチジクのタルトは全部持ち帰りました。
明日のDINNERです。
アーティチョークのオイルがおいしいので、その使い道を考えるという宿題も添えて。













ミシュラン

22の東京版発売に先駆けて、昨日三ツ星レストランが発表されましたね。
鮨を含む日本料理が5店に、フレンチ3店。


全部含めると、星をもらったお店が150店舗とのこと。
東京だけでこんなに★つけちゃっていいの?というのと、
日本の食のレベルの高さに感心したというのと半々。


ミシュランガイドに就職が決まっている男性が、
わたしのフランス語教室に来ていて、ほんの少しの間でしたが
一緒にお勉強しました。
私からみると、彼はとてもよく話せてたんですよね~。
4月には東京に移ったり、パリに出張したりと多忙になるので
みんなで「行ってらっしゃ~い!」と送り出しました。


この準備だったのね・・・・と、なぜか自分のことのように
感慨深くニュースを聞いた私です。



「甘くて、柔らかくて、口の中で溶ける イコール おいしい」
という、変な公式を連発するグルメ番組が横行するニッポン。

これが、本当のグルメの意味を考え直す機会になれば・・・と
願うばかりです。


冬が来る!

ようやく、明日から冬が来ます。
天気予報によれば。
11月中旬なのに、暖房なしでいられる今年は
やっぱり異常なのかな。

この何日か、インディアンサマーなだけに
朝がたは放射冷却で結構寒いのですが。



冬に備えて灯油買わなきゃ・・
うちでは、オイルが高いからガスストーブに変えようか?と
検討中です。



週末のウェディングで、明日は仕入れとブーケ作成。
明日中に帰宅できるのかな・・・?
今日は暖かくして早く寝ようっと。

花とスウィーツNOV

11月のレッスンは、前編後編に分けて2種類行うことにしています。
月末はいよいよクリスマス準備。
でも、その前にやっぱり過ぎ行く秋、しかも短かった秋をもう少し楽しみたいもの。


9日、10日の連日で開催した前編は、大盛況のうちに無事終了しました。
「花を引き立ててくれるサブ花材のパワーを知る」ことをポイントに、
大好きなリーフや実を集めて・・・
レモンリーフ
ガルピニ
スキミアレッド
ヘデラベリー
ピットスポルム
ピンポン菊         

autumne-arrange



スウィーツは、季節のりんごのタルト。
アトリエ中、甘酸っぱい素晴らしい香りが立ち込めます。
りんごを煮るときにキャラメリゼするので、お砂糖とバターが焦げる香ばしい香りとりんごの酸味のおいしそうな香りで、
フィリングだけでも早く食べた~い!

tarte au pomme



11月後半は、いよいよクリスマス準備。
フレッシュがドライに変わっていくのを楽しめるように、
グリーンをベースに、シックで聖なるリースを作ります。




淡路島にて ~後編~

初めて、飼い主のベッドのぬくもりを知ってしまったまる。
羽根布団がかなり気持ちよかったと見えて、朝までぐっすり。

zzz




翌朝の朝食タイムには、大好きなドッグランで一人ボール遊びです。
私たちにとっては、ありがたい落ち着ける時間。
ゆっくり朝食をいただいていると・・・ や、やっぱり・・・


akete




オデはいつでもわがまま放題!元気がよすぎて・・・トホホ・・・


楽しかったペンション山にお別れして、いよいよ今回のメインイベントのひとつ!飛行犬撮影に出発です。

pension.jpg




ペンションでも紹介している、南あわじドッグランで行われている
プロのカメラマンによる、犬のフライング撮影。
ダッシュする犬を、大型望遠レンズ?のすごいカメラで連写するもの。
その画像から、一枚飛んでる写真を選んでプリントしてくれるのです。
http://blog.livedoor.jp/minamiawajidogrun/


犬種的に全速力で走るのは無理???と思われるのも仕方ない。
が、しかーし!!!!
まるは別なのでした。
何の努力もなく、というより、走り出さないように捕まえておくほうが大変なくらい。
言われなくても、ダッシュ!ダッシュ!

jump



ほとんど苦労もなく、3分で撮影終了。
どの写真を選ぶか、事務所の中で打合せしていたら・・・またまたボールに夢中絵文字名を入力してくださいのまる。
あまりの勢いに、舌を巻くスタッフの方々。
ご迷惑をおかけします・・・ハイ絵文字名を入力してください


結局、プラス料金を支払って、すべての画像をCD-ROMに入れてもらい、大満足でいよいよ鳴門の渦を見に「道の駅うずしお」へ。
大潮の時間ではなかったけど、目の前に広がる鳴門海峡の真ん中には渦が。
海峡の渦をバックにしたまるは、ちょっと大人?


naruto1


naruto&maru




を見ながら大鳴門橋をわたり、徳島県突入。
そのまま、高松まで抜けます。
所要時間約1時間。これまでの走行距離に比べれば、高松到着はあっという間。
さあ、うどん食べるぞ!


しかし、うどんについての勉強不足は歴然で、どの店でどういうスタイルがおいしいのかよくわからずじまいでした。
とりあえず、高松駅で手に入れたうどんパンフをもとに近場を探して入ってみることに。


udon



セルフサービスに付き、自分でめんをゆで、薬味を入れて汁を注ぎます。
~ん、いまいちよくわからない・・・
少なくとも、だしのお味が九州とはまったく違い、
甘味が少ないのは私好み。
でも、なんとなくちょっとのは何故???
要リベンジ!を誓いました。



いっぱい遊んで、いろんな所行って、
ほんとに楽しかった旅行もこれで最終段階です。
あとは、瀬戸大橋を渡って本州に戻り、福岡への帰路に付きます。
今回4つ目の橋、瀬戸大橋に坂出から渡りました。
途中、橋脚の島、「与島」SAにて最後の写真撮影。

橋が架かるとき、いろんな問題でもめていたのを思い出しつつも、こんなに美しい夕日が沈む島なのだと、改めて感慨深く思うのでありました。晴れ
まるちゃんもかなりのお疲れ模様。
小さい身体で、ほんとによくついてきたね。
えらかったね。



setooohashi



yoshima



岡山から福岡まで走り抜け、帰宅は23時。
みんな、お疲れ様~。



おわり
hananiwa

大庭美智子 ©2007hananiwa

Author:大庭美智子 ©2007hananiwa
***********************
「昔から伝わる庶民の伝統をモダンに!」をコンセプトに、現代の生活に取り入れやすく、かわいい刺し子をご紹介。。。
丁寧な手仕事とオリジナルデザインにこだわって作っています。
hananiwaのたった一つのオリジナルをお楽しみください。

尚、商品およびデザインの商用利用は一切お断りします。
***********************

◆◆ 刺し子のお稽古 ◆◆

[入会金:5,000円]
●午前 or 午後1回 3,000円
●午前 & 午後 通し 5,000円
(5名以上で実施いたします)


◆【 いぐさブティック草 】クラス
福岡県大川市中木室23-1
0944-87-7432
< 毎月 第3火曜 >
・午前 10:30 ~
・午後 14:00 ~
**現在満席です**

◆【 雑木の庭 武蔵野 】クラス
みやま市高田町海津345
TEL:090-1870-2610
< 毎月 第3土曜 >
・午前 10:30 ~
・午後 13:30 ~
**現在満席です**

***********************

Arcive
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  まとめ