hananiwa Mychiko method

心に映ったことを綴っています。
2008年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2008年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2008年07月
ARCHIVE ≫ 2008年07月
      
≪ 前月 |  2008年07月  | 翌月 ≫

夏のごあいさつに・・・

black frame



white frame




夏のご挨拶にと、ご注文をいただいたプリザーブドフラワーのアレンジメントです。


連日の暑さで、生花はすぐにぐったり・・・
そんな時に大活躍するのがプリザーブドフラワー。


元々、生花を加工したものとはいえ、作り物っぽくて
生の色味や手触り感とは程遠く、敬遠する方も多いと思います。


が、しかし!
アーティフィッシャルな物は、思いっきり作りこむとステキに変身するのでございます。


花びら一枚ずつにせっせとワイヤーをかけて、大輪のバラを作り、
フレームにセットしてみると・・・立体的な額縁の出来上がり♪



細かいワイヤリング作業は、私の得意技!
どこにも売ってないプリザーブドフラワーのアレンジメントを目指しています。




マリアージュ!!!

昨日の日曜日、ブーケのご依頼が重なり、
前日から猛仕事!


相手が生ものだけに、時間を逆算しての作業は
プレッシャーと花持ちに関しての心配で
とってもストレスフルです。



しかし、ウェディングはなんといっても楽しい仕事。
ハッピーな気分も同じ量だけ感じられる
達成感たっぷりな仕事でもあるのです。
2件掛け持ちのブーケは、それぞれの花嫁のイメージにあわせて
まったく違ったものになりました。



結婚式は3月に済ませているMちゃん。
ご披露パーティー用なので、夏らしく爽やかなカジュアルブーケ。
ガーデンパーティーのようなイメージで、グリーンとブルーの小ぶりちゃんにすることに。
ハーフ?と見まごうような華奢で美人な花嫁です。


wedding bouquet blue&green




もう1組は、大切な友人弟の晴れ舞台!
花嫁のKちゃんは、こちらもエキゾティックな超美人さんです。
普通じゃ彼女の良さが出せない!と、
考えに考え抜いた2種類のブーケはこちら。
白ブーケは、胡蝶蘭をメインにノーブル&ゴージャス。


weddling bouquet phalenopsis




色ブーケは、真っ赤にシルバーのスパングルびっしりのドレスでも沈まないように、
ダークな赤のバラメリア。
スポットライトでクリアビーズやクリスタルの光物が効果を出してくれますように!と
願いながら作ったもの。


200枚以上の花びらに一枚ずつワイヤーをかけ、
中央の3輪のバラの周りに取り付けていきます。
制作時間6時間!
私のブーケ史上、最長時間の作品となりました(笑)



rosemelia





幸せのおすそ分けをどうもありがとう。
お二組ともどうぞ末永くお幸せに!

昨日のお届け

glorious



開店のお祝いに・・・とご注文をいただいたので、
おめでたい赤で。

子供っぽくなりがちな赤も、
モンステラのエキゾチックな葉っぱと、
文字通り、燃えるようなグロリオサリリーで大人っぽく仕上がりました。


赤はいつでもステキな色です。

誰かさん家の生垣

rengaarengement



rengaarrengement



6月の「花とスウィーツ」で作ったアレンジメント。

蒸し暑いか、大雨か、
まったく快適という言葉とはかけ離れたこの気候の中で、
気分だけでも爽やかに!と思い、散歩の途中で見つけた風景を作ることにしました。
イメージは、「誰かさん家の生垣」。


花器に穴あきレンガを使います。
角が壊れかけている感じのレンガは、南仏やトスカーナの気分♪
穴にオアシスをセットして、ハーブやあじさい、6月ならではのベリーたちを遊ばせたら
小さなヨーロッパの庭の風景の出来上がり。


写真は、初参加のMIWAKOさんが撮ってくれました!


スウィーツは、この季節に合わせた口当たりのベークドチーズケーキ。
重すぎず、軽すぎず、爽やかなやわらかさが紅茶にぴったりでした。

gateau fromage

パリの友人

少し前、午前中に携帯が鳴った。

33で始まる見慣れない番号。

あ~っ!すぐにぴんと来た。

帰ってきてるんだ・・・・




電話の向こうからは、何一つ変わらないいつもの声が。

お互い、それぞれに会社勤めの頃、同じ目的を目指しながら
頑張った仲間でもある彼女は、すっかりパリの人。



いつもパリへの帰国寸前アポに付き、しゃべるのは夜中。

今回も一睡もせずに荷物をまとめて空港へ向かったと

翌日、熟睡から覚めた私は、ようやくメールに気付いた。



af-fower




これは、エールフランスのカウンターにあったお花の写真だそう。

「パリっぽいよね!」とメッセージつきで。

hananiwa

大庭美智子 ©2007hananiwa

Author:大庭美智子 ©2007hananiwa
***********************
「昔から伝わる庶民の伝統をモダンに!」をコンセプトに、現代の生活に取り入れやすく、かわいい刺し子をご紹介。。。
丁寧な手仕事とオリジナルデザインにこだわって作っています。
hananiwaのたった一つのオリジナルをお楽しみください。

尚、商品およびデザインの商用利用は一切お断りします。
***********************

◆◆ 刺し子のお稽古 ◆◆

[入会金:5,000円]
●午前 or 午後1回 3,000円
●午前 & 午後 通し 5,000円
(5名以上で実施いたします)


◆【 いぐさブティック草 】クラス
福岡県大川市中木室23-1
0944-87-7432
< 毎月 第3火曜 >
・午前 10:30 ~
・午後 14:00 ~
**現在満席です**

◆【 雑木の庭 武蔵野 】クラス
みやま市高田町海津345
TEL:090-1870-2610
< 毎月 第3土曜 >
・午前 10:30 ~
・午後 13:30 ~
**現在満席です**

***********************

Arcive
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  まとめ