Mychiko method

心に映ったことを綴っています。
2010年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2010年05月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2010年04月
ARCHIVE ≫ 2010年04月
      
≪ 前月 |  2010年04月  | 翌月 ≫

久留米絣

久留米市主催の「かすりの小途」というイベントが


24日土曜日に行われると聞き、


教えてくれた友人と二人で行ってきました。





久留米の町を散策するのは初めて。


いつも、車の往復で目的を済ませるだけだったので


今回は発見がいっぱい。




スタンプラリーのスタート地点のお寺は、


教会かと見まごうようなめずらしい造り。


temple



ここで、今年の歌会始にて入選された松枝哲哉氏の


皇居でのエピソードをうかがうことが出来ました。


また、向かいのお寺で氏の絣の作品もご本人のお話を


伺いながらゆっくりさせていただきました。




寺町は風情のある、時が止まったような町並み。


懐かしいこんなものも。


shoukasen




ただ残念なのは、来ている人たちが皆さんご高齢なこと。


若者とはいかないまでも、せめて私くらいの世代が


もう少し興味を持たないと、すばらしい技術は廃れてしまいます。


何とかしないと・・・と、いつも絣の儀右ヱ門さんと話しています。


使うほど肌になじむ絣。是非目を向けてみてくださいね。






分身がミラノへ!

booklet cover   booklet igeta



2年前から始めた刺し子。


想像以上に楽しく、いろんな広がりのきっかけを作ってくれる。



久留米かすり「gi」さんとは、ちょうど同じ頃から


一緒にお仕事をさせていただく機会を持った。




ミラノサローネの関連イベントに出展が決まったかすり。


私が一部刺し子を入れたストールたちも展示されることになり、


「gi」代表K氏は、今朝のフライトで成田経由、一路ミラノへ。 「gi」




世界中から集まるバイヤーの外国人にも興味を持ってもらえるように


何か出来ないかしら?と頭をひねった末、出来上がったのがこれ。


「刺し子図案帖」。


イメージは、江戸時代の丁稚が御用聞き用に使っていたんじゃないかと


勝手に思っている、日本式右綴じ(和綴じ!)の帳面。




刺し子の伝統柄は実にたくさんあるけれど、


一部抜粋を小さな四角の中に刺し、和紙に貼り付け、


筆ペンで文様の説明を日本語と英語で書いてみた。


おもしろがってもらえるとうれしいな。




出来上がった図案帖は、われながらの力作。


この分身も一緒に連れてってぇ~と速達で送り


ぎりぎり間に合ったという次第。




ミラノ帰りの帳面は、どんなストーリーを見せてくれるのかな?











ペンキ塗りたて

la porte avante la fenettre




昨日、ペンキ塗りした。


急に予定が変わってぽっかり明いた一日。


お天気は週末まで続くらしいし、


今しかない!と思い立ち、朝からホームセンターへ。


2002年から見慣れたくすんだブルードア。ありがとね!





painted color



パリの素敵なインテリアショップの壁の色に感動し、


次はこれにする!と決めていた私。


似たようなドンピシャ色はないので、3色を混ぜることに。


木片に塗りながら、分量を調整していく。




la porte nouvelle




塗り終わったばかりのドア。


窓枠は乾くまで待つまでに日が暮れて


写真はアウト。


今日行くのが楽しみ♪













あらためて感服

懐かしいCDを夫が借りてきた。


荒井由実「ひこうき雲」と「14番目の月」。




デビュー当時、まだ子供だった私はあんまりよくわからなかったけど、


姉が「この人、すごいんだよ。」と自慢げに言いながら、


間違いだらけのピアノでベルベット・イースターを弾いていた。





「14番目の月」は、学生時代カセットテープで何度も何度も聴いた。


あの頃の学生は、オーディオセットなんて持っていないのが普通。


ラジカセがあればいい方だった。




1番目に入っている「さざ波」という曲、ご存知ですか?


軽やかなメロディーに乗せた歌詞が、驚くほど潔いことに


今頃気づいた。




「愛が終わるのを繕ったら、明日を生きるのに遅れたわ。」





ユーミン、いくつでこの詞をつくったのだろう?


この年になって、あらためて感服。









Mychiko method

©2007 Mychiko method

Author:©2007 Mychiko method
***********************
「昔から伝わる庶民の伝統をモダンに!」をコンセプトに、現代の生活に取り入れやすく、かわいい刺し子をご紹介。。。
丁寧な手仕事とオリジナルデザインにこだわって作っています。
Mychiko methodのたった一つのオリジナルをお楽しみください。

尚、商品およびデザインの商用利用は一切お断りします。

***********************
< 教室案内 >
*受講ご希望の方はメールフォームよりお問合せください。
● 講習料 ¥18,000
(お茶代込/6か月分前納)
● 入会金 ¥5,000
● 材料費別途
・専用の針と糸をご購入いただきます。
・お手持ちの布も活用できますので遠慮なくご相談ください。
--------------
■ 福岡教室 (福岡市)
 第3水曜日
 ・13:30-15:30
■ 武蔵野教室(福岡県みやま市)
 第1火曜日
 ・13:30-15:30
 第3土曜日
 ・10:30-12:30
 ・13:30-15:30 
■ 草教室(福岡県大川市)
 第3火曜日
 ・10:30-12:30
 ・13:30-15:30
■ 佐賀教室(佐賀市)
 第2金曜日
 ・10:30-12:30
--------------
・日時は都合により変わることがございます。
・終了時間が伸びることもあります。
***********************

Arcive
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  まとめ