hananiwa

心に映ったことを綴っています。
2010年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2010年06月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2010年05月
ARCHIVE ≫ 2010年05月
      
≪ 前月 |  2010年05月  | 翌月 ≫

集中のち爽快!

16~7年ぶりにTOEICを受けてきました!

2時間、思いっきり集中。

リスニング中、ちょっとでも他のことが頭をよぎったら

1センテンスを聞き逃してしまいます。

リーディングもゆっくり考えてなんかいたら

問題全部こなさないうちに終了のベルは必至。

前回玉砕に終わった記憶を思い出し、今日は長文から先に。

このやり方は正解。とりあえず、全問答えることはできました。

合っているかどうかは別問題。



大学の教室で、机に座って問題を解く2時間。

気持ちいいほど集中しました。

だって、安くはない受験料払っているのだもの。

早々にはあきらめられません。



前回より多少はうまく行ったような気はするのですが、

こればかりは結果が届いてみないと全くわかりませんよね。

玉砕だとチョ~落ち込むなぁ。



語学はツール。

使えると世界が100倍広がり、何といっても楽しい♪

今後もライフワークとして語学脳を鍛えま~す。










ワークショップ

先週の土曜日から始まったgi刺し子展は、いよいよ今日が最終日。


昨日は、ワークショップでした。


チクチク手作りのブームを実感。 皆さん、とても興味を持ってくださっていました。


今回のワークショップは、「箱布」という名前の絣ハンカチの中から好きな柄を選び、


自由に刺し子を入れていくというもの。


糸は私がいつも使っている大きな巻きのものを、事前にせっせと手巻きした


hananiwaオリジナルセット。


ひとつのボールは、プチトマトくらいの大きさです。


thread ball



皆さん、思い思いのデザインをかなりの集中力で取り組んでいらっしゃいました。


時折、呼吸するのも忘れているのではないかとヒヤヒヤ。


「息、してくださいね~!」といいながら、


あちこちを覗き見するだけの私。フフフ



テーブル席では、京都の話に花を咲かせ・・・

scene1


こちらのテーブルは、バッグに仕立てる予定のK先生が
さすがの手つきでテキパキと。

scene2


こちらのお二人はくつろぎモードのソファをチョイス。

scene3


カウンターでスタッフとお話しながら・・・

scene4



あっという間の2時間。


時間のかかる刺し子はちょっとしか進まないけど、


とっても楽しんでいただけてよかったです。




伝統技術が廃れるのはあっという間。


だけど、どんな形であれ、裾野が広がって


思い思いの刺し子が誕生すれば、


クリエイティブな手仕事は次の世代へもきっと繋がると信じています。


いつかはフランス!









刺し子展 at 「gi」 始まりました。

sashiko at gi2



浄水通りの「gi」にて、刺し子展が始まりました。


フランスのBOUTISのテクニックと合わせた


“Blanc d’ivoire”シリーズは


hananiwaオリジナル。


図柄は江戸切り絵モチーフの純和風ですが、


手仕事の手法は融合すると新しい広がりが!





sashiko at gi1   sashiko at gi3





絣と刺し子の融合では、こんなかわいい小物たちが


出来上がりました。


自画自賛は、お花でもお裁縫でも健在です!







sashiko at gi4






現在も通っている刺し子教室で教えていただいた洋服は、


参考商品としてディスプレイの心強い見方です。


ジャケットなど、とても気に入っていただけて嬉しく自信に繋がりました。


「かばん le sac long」は新作の販売品。


図案は、唐長の唐紙より参考にさせていただきました。


表はひょうたん、裏は雲龍。


お洋服に合わせて使い分けが出来ます。


ベレーは、周囲のベルト部分にドログリーのリボンを使用。


どうしても、フランスとの融合を図りたい私です。












刺し子展

gi1   gi2



久留米かすりの「gi」さんで、刺し子展をさせていただくことになりました。


春の予定が延び延びになっていたので、最終決定までお知らせを待っていたら


こんなにSHORT NOTICEになってしまってごめんなさい。


かすりに刺し子をした小物を中心に、展示販売いたします。


興味のある方はぜひ遊びにいらしてください。


初日とワークショップの日は必ずお店におりますが、


その他の日は、空き時間にひょっこり現れる形式を取らせていただきますので


どうしても私に会いたい方は(笑)、事前に確認メールをくださいませ。












多肉ファン

mikusan-taniku



定期的にアトリエにやってくるMさんは、大の多肉ファン。


すっかり多肉にはまって、買ってくださった多肉たちを


こんなに大切に育ててくれています。


しかも(?何がしかもかはよくわからないけど・・)驚きの美人!


多肉ちゃんたちもきっと幸せに違いないわ。




つぃ先日、花市場でめっちゃかわいい多肉を見つけ即購入しました。


グレーグリーンの小さな葉の縁がくすんだピンクの「コーカサスキリンソウ」。


cokasus kirinso



多肉ファンのMさんの顔やAちゃんの顔が浮かび、


すでにすべて売約済みとなりました。


また素敵な多肉を見つけたら、即購入!しようと思います。


これからやってくる夏は、お花より多肉♪で楽しむファンが


増えることを願っています。







母の日が終わって。

carnation-bis




母の日が終わりました。


毎年、送らせていただいている方々がほとんどです。


すっかり、お母様のお名前をちゃん付けで呼んでしまうほど(笑)



カーネーションはときどき敬遠されることもあるけれど、


花持ちがよく、強いところは、花屋の心強い味方でもあります。


ほら、こんなにたくさんのフリルで、集まると砂糖菓子みたいでしょ?



お母様向けには、やっぱりスウィートな色使いを選んでしまいます。


いくつになっても、女性はかわいいが大好き♪


temari-ajisai


もうひとつ、鉢物でめずらしい紫陽花をゲット!


「てまりあじさい」といいます。


八重咲きの花びらはごくごく小さく、


ひとつのまるが大人の拳ほどの小さなもの。


めちゃくちゃキュートな紫陽花は、地植えで毎年増やしてくれる


ふさえちゃんへの贈り物でした。














hananiwa

大庭美智子 ©2007hananiwa

Author:大庭美智子 ©2007hananiwa
***********************
「昔から伝わる庶民の伝統をモダンに!」をコンセプトに、現代の生活に取り入れやすく、かわいい刺し子をご紹介。。。
丁寧な手仕事とオリジナルデザインにこだわって作っています。
hananiwaのたった一つのオリジナルをお楽しみください。

尚、商品およびデザインの商用利用は一切お断りします。
***********************

◆◆ 刺し子のお稽古 ◆◆

[入会金:5,000円]
●午前 or 午後1回 3,000円
●午前 & 午後 通し 5,000円
(5名以上で実施いたします)


◆【 いぐさブティック草 】クラス
福岡県大川市中木室23-1
0944-87-7432
< 毎月 第3火曜 >
・午前 10:30 ~
・午後 14:00 ~
**現在満席です**

◆【 雑木の庭 武蔵野 】クラス
みやま市高田町海津345
TEL:090-1870-2610
< 毎月 第3土曜 >
・午前 10:30 ~
・午後 13:30 ~
**現在満席です**

***********************

Arcive
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  まとめ