hananiwa Mychiko method

心に映ったことを綴っています。
2014年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2014年03月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年02月
ARCHIVE ≫ 2014年02月
      
≪ 前月 |  2014年02月  | 翌月 ≫

刺し子作品展への道~3~

sasiko bag


大きめのバッグを作っています。

底に張る革は、ミシンで縫った後、ハンドステッチにて仕上げ。

裏地を準備し、完成までもう少しです。



This is SASHIKO bag.
I put leather at the bottom stitched by hand.
It will be completed in a few days, after preparing the liner inside.

ちょっと一息

fukin.jpg



さらしの布巾です。


「洋服はとても無理だから、布巾ぐらいからやってみようかな・・・」


と多くの方から聞きます。




確かに布巾なら気分的に楽なのですが、


意外に難しいのも布巾。




なぜなら、表裏どちらもきれいに仕上げるというのがポイントだからです。


私は通常2本取りで刺すので、苦心するのが糸のねじれ。


もちろん、ねじれがデザインになることもあるのですが、


洋服のときより細い糸を使う布巾では、ほとんどの時間ねじれと戦っています。


出来上がりを見たとき、やっぱりねじれていない方が美しいんですよね~。




ちなみに、この布巾を刺すのに一日かかりました。


粉引きや焼き締めの茶器に似合うと、ニヤニヤしてしまいます。








刺し子展示会への道~2~  The road to the SASHIKO exhibition

gamaguchi grande-1

gamaguchi grande-2



やっと裏地が決まったので、とうの昔に刺し終えていたがま口バッグ(大)が完成しました。


刺し方は、もっとも伝統的かつ典型的は文様の「麻の葉」。
色を変えると表情ががらっと変わります。


手の込みようは星3つ。
かなりの大作でございます。




op making-1

op making-2



手が込んでいるといえばこちら。


ワンピースですが、当初の予定よりデザインを大幅に変更しました。

小さな襟とファスナーを付けるにあたり、

見返し部分で苦戦中。

組み立てと手順に熟考を重ねます。

いかに裏を美しく仕上げるかが作品の良し悪しを大きく左右するからです。




hananiwa

大庭美智子 ©2007hananiwa

Author:大庭美智子 ©2007hananiwa
***********************
「昔から伝わる庶民の伝統をモダンに!」をコンセプトに、現代の生活に取り入れやすく、かわいい刺し子をご紹介。。。
丁寧な手仕事とオリジナルデザインにこだわって作っています。
hananiwaのたった一つのオリジナルをお楽しみください。

尚、商品およびデザインの商用利用は一切お断りします。
***********************

◆◆ 刺し子のお稽古 ◆◆

[入会金:5,000円]
●午前 or 午後1回 3,000円
●午前 & 午後 通し 5,000円
(5名以上で実施いたします)


◆【 いぐさブティック草 】クラス
福岡県大川市中木室23-1
0944-87-7432
< 毎月 第3火曜 >
・午前 10:30 ~
・午後 14:00 ~
**現在満席です**

◆【 雑木の庭 武蔵野 】クラス
みやま市高田町海津345
TEL:090-1870-2610
< 毎月 第3土曜 >
・午前 10:30 ~
・午後 13:30 ~
**現在満席です**

***********************

Arcive
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  まとめ